民生用ヒーティングケーブル

自己制御ヒーティングケーブル概要

自己制御ヒーティングケーブルには、導電性カーボン配合のポリマによる発熱抵抗体が内蔵されています。 この発熱抵抗体の特性により、低温時には抵抗が減り出力が増大し、高温時には抵抗が増え出力が減少します。 異常加熱することが無く、重ねて使用することも可能です。
ケーブル長全体に沿って、発熱抵抗体内の平行導線間に電路が形成されており、並列回路を成しています。 自由に長さを切って使用することができるので、現場での施工が容易です。

床暖房

住環境における快適性は大変重要です。
1934年に創立したスウェーデン企業「Thorin&Thorin」を起源とするレイケムの高性能床暖房は、 美しく暖かな床で世界中のお客様に長きに渡りご愛用頂いております。
  • 快適環境の提供
  • 容易な施工
  • メンテナンスフリー
  • 省エネルギーおよびコスト低減

HWAT給湯温度保持システム

快適かつ瞬時の温水供給は、現代の給水システムで最も重要とされています。
レイケムのHWAT給湯温度保持システムは循環不要の配管と自己制御ヒーティングケーブルにより構成され、 建物の給湯配管内のお湯を常に適切な温度に保ち、優れたエネルギー効率とコスト低減を実現します。
  • 衛生的なシステム
  • 融通性があり、場所をとらないシステム
  • 安価なランニング・コスト
  • 低消費電力
  • 保守費用の低減

融雪・凍結防止

道路、傾斜路、階段、搬入口の積雪は事故や遅延等の問題に繋がります。 この様な不都合を未然に防ぐ為、レイケムでは様々な融雪・凍結防止システムを取りそろえ事故を防止します。
レイケムの自己制御ヒーティングケーブルは、民生、工業、そして住宅用の様々な用途でご使用頂けます。 様々な環境においても信頼ができ、容易に敷設できる融雪・凍結防止システムです。
  • 安全
  • コンクリートに埋設して使用可能
  • 施工時間の短縮

配管凍結防止

配管の凍結による被害には大きな費用が必要となります。 配管が0℃以下にさらされると配管破裂の危険があり、甚大な被害と水供給の中断に繋がります。
レイケムの自己制御ヒーティングケーブルは保温材との組み合わせにより、 水道管、消火設備、スプリンクラー、油配管の凍結を未然に防ぎます。
  • 施工が容易
  • 耐久性と信頼性
  • 低消費電力

雨樋・排水溝の氷結防止

融けた氷が再び凍結することにより屋根や樋に損害を与えます。 重くなった氷柱の落下は人的被害に繋がります。 たまり水は内部の壁と家具に浸透します。
レイケムの自己制御ヒーティングケーブルは樋と排水管の水の流れを保ち、 融けた氷と雪が屋根から安全に流れ出し、雨樋・排水路の氷結を未然に防ぎます。
  • 施工が容易
  • 低消費電力