高温度用電力制限ヒーティングケーブル

概要

自己制御ヒーティングケーブルよりも、高出力かつ高温暴露の要件に使用できます。
2本の平行する導線の周りにコイル状の合金抵抗発熱体を巻き付けた、並列ヒーティングケーブルです。 温度の上昇と共に抵抗が増加し、正の温度係数効果を成しています。
導体との接続間隔が発熱ゾーンとなり、ゾーンごとに1回のみ交差することができます。 自由に長さを切って使用することができるので、現場での施工が容易です。
酸・アルカリおよび有機物等に暴露される一般区域や、 1種および2種危険場所、第一類および第二類危険個所にて、電気ヒーティングシステムとして使用することができます。

ヒータ種類 最高保持温度 耐熱温度
VPL 150〜235℃ 260℃(電源OFF)

構造

用途

  • 冬季に凍結する液体
  • 飲料水、工業用水、消火用水

  • 低温で凝固する液体
  • 苛性ソーダ、濃硫酸、酢酸

  • 常温で高粘度の液体を加熱して低粘度にするもの
  • 重質原油、重油、アスファルト、糖蜜、油脂、食用油

  • 常温で個体であるものを加熱して液化するもの
  • 硫黄、ワックス

  • 一定温度範囲内に温度維持しないと、品質が劣化するもの
  • フェノール、ポリマー

  • 低温タンクの基礎近くの土壌凍結防止
  • LPG、LNG、無水アンモニア

  • 屋根または道路の融雪
  • 建物または構造物の床面や壁面の加熱、暖房
  • フロアヒーティング、パネルヒーティング